So-net無料ブログ作成
検索選択

Borderlands2 移動システムとプレイヤーの選択肢 [Borderlands2]

 このゲームは自衛ゲーです。

 ソロでは自分で全部しなくてはいけないが、coopで狙われている人は無理に反撃せずに、まずは耐える事を考えましょう。全ての攻撃をさばけなくても、ライフが50%以上あれば1残るシステム(エレメンタルステータス効果やラグによっては信用しきれないが)とGrog Nozzleという回復手段によって、全キャラにかなりの耐久能力が約束されているので、そこまで難しく考えなくても大丈夫。取りに行くのが大変かもしれないが。


 ・歩く  可もなく不可もなく。何もしないよりはマシかもしれない。

 ・ダッシュ  素早く動けるが、射撃・近接を含めた多くのアクションができない。ダッシュジャンプがあるので重要ではない。

 ・ジャンプ  敵は弾速ありの偏差射撃をしてくるので、ローリング等の無敵行動がないこのゲームでは大事な回避手段。マシンガンやAKの様な連射系には機能しないが、他のアクションへの阻害もなく手軽で使いやすい。

 ・ダッシュジャンプ  ダッシュを挟まないといけないので少し使いにくいが、速度があるのでジャンプより回避性能が高く、引き付けてからのコレじゃないと避けにくい攻撃も多い。
 また、攻撃面でも重要で、ダッシュ速度を維持した慣性移動をしながら射撃ができるので、スラグ化しつつ動き回る必要のある近接キャラでは特に重要。射撃をする場合は、ダッシュジャンプした瞬間から移動キーを離すと精度の回復が始まるので、距離に応じて少し待った方がいい。

 ・アクションスキル  性能はキャラによるが、安定した選択肢。

 ・Singularity型のグレネード  アクションスキルが切り返しに使い辛い・使えないキャラ向け。引き寄せられない敵もいるが、一ヶ所に集めつつ無力化するので攻撃面でも優秀。回復にも使えるQuasarがオススメ

 ・障害物や地形に隠れてやりすごす  マップによるがハメに近い場所も多い。Invincible系以外はコレとダッシュジャンプで大体ナントカなる。

 ・自力セカンドウィンド  管理が面倒くさいけど成功するとちょっと気持ちいい。ソロなら、ロケットランチャーや近接を頼りに特攻するのも悪くない。最初はコレありきで考えてたっぽいけど、ダウン時間の減少によって頼れる回数は限られており、それに対して3週目以降の高いHP・攻撃力、ダウン時間の回復が死亡とリスタートぐらい?そりゃー無理ですわ。

 ・Grog Nozzle + αでの回復  コレを知っているかどうかが3週目の壁の一つ。ライフが50%以上あれば1残るシステムがあるので、それぐらいを目安に管理しよう。特にInvincible系は、障害物利用以外で見てから避けれない全方位攻撃があるので必須。
 コレのせいで多くの耐久スキルが腐ったり、与えたダメージに対する割合回復なのでむしろ少ない方がいいとか、コレだけの問題ではないが影響は大きい。以下、主な組み合わせ。

Chain Lightning  圧倒的に早く、自動補充があり、地形に当てても勝手に連鎖してくれるのでとっさに使いやすい定番。

Unkempt Harold  弾速の遅さを利用する。魔法グレネードの自動補充だけでは弾が足りない場合に。遅ければコレじゃなくてもいいが、最高の火力がありセカンドウィンドにも便利。

アクションスキル  キャラによる。

近接  ビルドによるが弾消費もなく無限。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。